UNCAR COMPOUNDED × HIROCK COLLABORATION COLLECTION [ERROR]

Special Model Interview

KERA(ケラ)

グラフィックデザイナー・プロダクトデザイナー
〈プロフィール〉
1988年生まれ。イラン生まれ、福井県育ち。2009年に文化服装学院を卒業後、アパレル企業、デザイン会社などを経て、フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動をスタート。 現在は企業や化粧品のロゴ、パッケージデザイン、カタログ制作など、さまざまなジャンルのデザインを手がける。
_ハイロックさんとのつながりは?

共通の知人が経営する小料理屋で出会いました。カウンターだけのお店なので、お客さん同士仲良くなることも多いのですが、そこにたまたま居合わせて意気投合したのがはじまり。 それ以来、みんなで油そばを食べに出かけたり(笑)。いつも仲良くしていただいています。


_普段はどのようなバッグを使っていますか?

小さいバッグが好きなので、お財布やポーチも極限まで小さいものを選んでいます。 とはいえ、化粧品などの持ち物が多いのである程度容量がないといけないのですが(笑)。 グラフィックデザインの仕事以外にバーを経営しているので、お店がある時にはとくに持ち物が多くなります。 その日だけはストラップで斜めがけができて、両手を開けられるバッグを選びます。

_いつもバッグに入れているものは?

よく喉を痛めてしまうのでマヌカハニーのスプレーを常時持ち歩いています。あとはインスタグラマーの間で流行っている〈ナリン〉のこめかみに塗ると頭痛が良くなるリラクシングオイル、 水仕事の後に手をケアするケラチナミンとハンドグリーム。〈ディオール〉のファンデーションやグロスなど、化粧品はたくさん持ち歩いています。 顔が濃いのでその日のメイクのくすみ具合によって変えたり、口紅を混ぜて使うようなことも多いですね。ちなみに、このダイナマイトみたいなのは充電器です(笑)。   

_今回のコレクションテーマは「エラー」ですが、印象的な失敗談はありますか?

仕事仲間にとある大きなプロジェクトを一緒に立ち上げないかと言われ、サポート側として手伝う予定が、動き出した途端にその方がバックれてしまって……。 すでに立ち上げ完了で、借り入れや契約ごとの名義はすべて私でした。だから後戻りすることができず「せめて返済するまでは」と決めて、私をプロジェクトリーダーとする恐怖の日々がスタート。 あまりにもデスパレートな状況を見兼ねた元上司や友達が、毎日手伝いに来てくれたおかげで、一年で借り入れを全額返済しました!(笑)。そして、そのプロジェクトは4年間続いています。 最初は「失敗した」とも思ったのですがこの経験を通じて仲間のありがたさが心に染み、また色々な方にも出会えたことで結果的に仕事の幅がかなり広がりました。本当にやって良かったという気持ちの方が大きいです。


_今回のバッグコレクションはいかがでしたか?

私は原色が大好きなので、黄色や赤などポップなカラーが使われていて嬉しかったです。 洋服はモノトーンが多いのですが、バッグで色を足してアクセントにできるのは良いですよね。 女性が持ってもかわいいと思いました。小さいバッグのシリーズもデザインや機能にこだわっていて、 とても使いやすかったです。